道北グルメ~留萌市の「蛇の目」実食レポ 日本海の海の幸を味わう

小樽から稚内に続く道はオロロンラインと呼ばれています。オロロンライン上で石狩市に次ぐ大きさなのが留萌市。昔、鰊漁で栄華を極めた場所です。現在は少し寂しい街にはなっていますが、今でも日本海のおいしい海の幸を味わうことができるグルメな街として健在です。そんな留萌市の中でも、随一の知名度を誇るのが「蛇の目」というお寿司屋さん。今回は留萌で人気の「蛇の目」を実食レポです。

店舗情報

店名:寿司 居酒屋 蛇の目

外観

留萌前浜で獲れた新鮮なネタを、熟練した寿司職人が丁寧に握っています。彩り豊かな海鮮丼も人気です。

住所:北海道留萌市錦町3丁目1−13

電話番号:0164-42-0848

営業時間:11:00~14:00・17:00~21:00

※感染症の影響のため、変更がある場合があるので事前にご確認ください。

店休日:火曜日 

駐車場:あり 店舗の横に20台分ほど。

個室に案内してもらえました。平日の早めの時間に入ったためか、この日は他のお客さんはいませんでした。静かできれいな個室でした。

きれいな小上がり席

店員さんたちが明るくてとても気さくでした。接客◎です。すぐにおしぼりと温かいお茶を持ってきてくれました。

蛇の目の創業は魚屋だったそうです。先代が江戸前日本橋の蛇の目で修業をし本店の暖簾分けをいただいたという経緯があります。留萌で本格的な江戸前寿司を味わうことができます!

メニュー

写真付きのメニューでとても見やすく分かりやすかったです。

●「蛇の目スペシャル」

蛇の目で一番人気のメニューです。21貫で3800円です。ボリュームがあります。コスパが大変よろしいですね!

ちなみに蛇の目スペシャルは・・・はまち・とろ・まぐろ・白身・いか・たこ・青魚・甘エビ・ホッキ貝・ほたて・カニ・玉子・とびっこ・うに・いくら・数の子・巻貝・あわび・シャコ・穴子・サーモンの21種類です。

●季節のオススメメニューもあります

おいしそう!

●海鮮丼

●にぎり

●ランチメニュー(11:00〜14:00)

小鉢がいろいろついてお得なメニューですね。

●ドリンク・アルコールメニュー せっかくですから留萌の隣町、増毛の酒蔵「国稀」のお酒をいただきたくなります。

レビュー

今回は、こちらのお店の代名詞「蛇の目スペシャル」 21貫 3800円をオーダー

いちどに21貫ものお寿司を注文したことがないので、さすがに圧巻でした。映えますね(笑)

ちなみに留萌市は「塩かずの子の加工生産量が日本一」です。当然、蛇の目スペシャルにも数の子あります。黄金に輝いています。味もさすがでした。久しぶりにこんなにおいしい数の子食べましたね。

シャリの量は小ぶりですが、お好みに合わせてシャリの量を調節してもらえるそうです。シャリは少し硬め。酢飯はほのかにという感じ。わさびは少な目。もう少しわさびが強くても良かったかなとは個人的には感じます。まぁこれは好みですね。

個人的には穴子やとろ、貝のネタが特においしかったです。あわびが良い触感で、ほのかに口に広がる磯の香りがよかったです。シャコも最近食べた中では一番のお味でした。いくらはちょっと残念。粒が小さくて味がはっきりしませんでした。まぁ、この時期のいくらですのでしょうがないです。

全体的にコスパが良くて、普段ならなかなか食べないネタも楽しめたので満足度は高かったです。

三平汁 中サイズ 500円

今回はたらの三平汁をチョイス。脂が出ていてコクがありとても美味しかったです。たらの身もプリップリで弾力がありました。中サイズでも充分な食べ応えのある量です。これはおすすめです!

食べ応えありました!留萌に来たときは日本海の海の幸を堪能できる「蛇の目」をおすすめします。歴史はありますが、敷居が高くなく入りやすいお店です。清潔感があり、接客もよかったです!座席数もあるので、家族連れなどにもおすすめです。おいしいお寿司を手ごろな値段でいただける、コスパの良いお店だと感じました。留萌に立ち寄る際は、足を運ぶ価値あるお店だと思います!

おいしさ:

評価 :4/5。

コスパ:

評価 :4/5。

おすすめ度:

評価 :4/5。