道南おすすめ観光スポット~道南屈指の景勝地!函館からちょっと足をのばして「大沼」を遊びつくせ!

北海道屈指の人気観光地「函館」そして、函館から少し足を伸ばすと人気の景勝地「大沼」があります。函館で2泊以上するなら、大沼観光して北海道の大自然を満喫してみるのはいかがでしょうか?大沼の魅力に迫ります!

💡大沼とは?

大沼、小沼、蓴菜(じゅんさい)沼などの大小の湖沼群や北海道駒ヶ岳などの周辺の総称として「大沼」とも呼ばれています。大沼という地名はアイヌ語の「ポロ・ト」に由来しています。ポロは「大いなる」を意味し、トは「湖沼」や「水溜まり」を意味しているそうです。

きれいですね!

寛永17年(1640年)に駒ヶ岳の噴火でできた湖に126の小島が浮かぶ国定公園となっています。ラムサール条約に登録された大自然のなか、様々なアクティビティを楽しめます。「新日本三景」にも選ばれているそうです。(ほかは静岡県 三保松原、大分県 耶馬渓だそうです)

名峰駒ケ岳もくっきり

大沼観光案内所で情報収集

大沼散策の前に大沼公園駅すぐ隣にある大沼観光案内所で、情報収集すると、より効率的に、そしてより良くアクティビティを楽しむことができます。公園マップや、パンフレット、各種体験メニュー、近郊の観光情報などを日本語、英語、中国語、韓国語で発信しています。

住所:亀田郡七飯町字大沼町85-15

電話: 0138-67-2170

営業時間: 8:30~17:30 定休日: 12月31日~1月2日

観光案内所で情報をゲット!
パンフレットもそろっています
かわいいドリンクも
シマエナガのダルゴナラテ
大沼公園駅の隣りに観光案内所があります。

ⓘ大沼国定公園インフォメーション

住所:亀田郡七飯町大沼町1023−1 電話番号:0138-67-2229

大沼国定公園全体図

無休

入場無料(遊覧船などのアクティビティは有料)

駐車場:あり

アクセス:車:函館中心部から国道5号線(函館新道)経由で約50分 JR:函館駅から大沼公園駅まで特急で18分

大沼の遊び方

①ウォーキング

4つの散策路があります。コースによって所要時間は異なります。目安15分~1時間。大沼を見渡しながら、気持ちよくウォーキングできます。鳥のさえずり、大沼に咲く草花・・・自然をじっくり満喫できます。「千の風になって」の名曲誕生モニュメントなどもあります。

千の風になってモニュメント
気持ちよく散策できます
バリアフリー化はされていませんので注意が必要です

注意:バリアフリー化されていません。

散策が難しい方は公園広場から大沼の景観を眺めることをおすすめします。

②サイクリング

目安1時間30分 1周14キロコース。大沼の外周をぐるっと1周。コースの各名所に駐輪所があり、ゆっくり自転車を置いて自然を満喫することもできます。

レンタサイクル店はたくさんあります。大手は「フレンドーベア」さん HPはこちら 

1時間500円 1日乗り放題1000円 ほかのお店も相場はほぼ一緒ですね。 

③遊覧船

島めぐり1周コース所要時間30分。ガイドさんが大沼の魅力を詳しく説明してくれます。湖上から見る駒ヶ岳は絶景です。詳細はこちら

遊覧船乗り場
絶景です!

9時より40分おきに出航。大人1120円 小人560円 幼児(6歳未満)は大人1名につき1名無料 障がい者、同行者は半額。大沼の観光案内所で100円割引クーポンをゲットできます。

④クルーズ船で湖上ランチ

水と緑に囲まれたレストラン🍴

所要時間30分「ダーブル・ドゥ・リバージュ」というお店です。湖上の上で、開放感たっぷりのランチをいただくことができます。もちろん普通の店舗もあります。

ランチクルーズ2600円(ランチ+コーヒー+乗船料)

デザートクルーズ2000円(ケーキ+コーヒー+乗船料)

ドリンククルーズ1500円(コーヒー+乗船料)

詳しくはお店HPを参照ください。こちらから

🍴大沼グルメ

上記の「ダーブル・ドゥ・リバージュ」さんも素晴らしいお店ですが、大沼グルメで一押しな、お食事処、和スイーツのおすすめ店を1店舗ずつご紹介します。

①WALD(カントリーキッチンバルト)

オシャレな小さなレストランです。ご夫婦でお店をしておられるようでした。料理も美味しかったです(わたしは「牛肉の網焼き」妻は「自家製ハンバーグの網焼き」をいただきました。ワンプレートの上にオシャレな盛り付けがなされていて、とても美味しかったです。店内の雰囲気もお洒落です)

「WALD」はドイツ語で「森」なんだそうです。ステキ。
牛肉の網焼
自家製ハンバーグの網焼き
食後のドリンクはコーヒーか紅茶を選べます。

詳細はお店のHPをご覧ください。こちらから

②沼の家

明治38年創業という老舗和菓子店。大沼観光に来たら「沼の家」を外すわけにはいきません。道内の和スイーツの店でも屈指の人気を誇るお店です。食べやすい大きさのお団子で、餡、しょう油、ごまがあります。餡としょう油、ごまとしょう油の2種類。小が390円、大が650円。シンプルですが精錬された、飽きの来ない味です。

沼の家外観
一つが小さくてパクパクいけます。

お店の詳細はこちらをご覧ください。こちらから

観光のアドバイス

「大沼」素晴らしい場所です。札幌から函館方面に通過する際に立ち寄ることもできますし、3泊4日の函館旅など、少し泊数に余裕があるときは、ちょっと足を延ばすと大沼の大自然を満喫することができますのでおすすめです。天気の良い日を選びましょう。曇りや雨ではなかなか楽しめる場所ではないです。滞在目安は「半日」です。今回は天候の関係でかないませんでしたが、「駒ヶ岳登山」を計画されているなら、1泊2日がよろしいかと思います。

おまけ・・ガイドブックに載せられている「日暮山展望台」大沼、小沼、駒ヶ岳を一望できるスポットですが、行くまでの道が舗装されておらず、とにかく狭いです。(対向車来たらかわせないです)サンデードライバーや、レンタカーなどを借りている場合、車で頂上まで行くのはやめたほうがいいかもです。頂上駐車場から、歩いて5分ほどのところから大沼の良い眺めを見ることができますが、「展望台」自体は特に整備されてはいないです(笑)ただの、ずん止まり。ちなみにわたしは車でチャレンジしましたが、タイミングよく対向車が来ず助かりました。下から歩いていくと30、40分ほど頂上まではかかるかなぁと思います。晴天なら本当にきれいな眺めです。

舗装されていない道を登ります。
駐車場に停めてからさらに100メートル歩いて・・・
あいにくの曇り 景色はいいですが、道のりが大変

函館市から大沼に抜ける途中にある、道の駅「なないろ・ななえ」(道の駅隣の男爵ミュージアムもおすすめ)や、大沼観光の後、もう少し足を延ばして、道の駅「しかべ間歇泉公園」(間歇泉を見ることができます。高く噴き出す温泉です。足湯もあります)まで行って見るというのもありです。1日コースで楽しめると思います。

道の駅なないろ・ななえの詳細情報はこちらから

道の駅しかべ間歇泉公園はこちらから

道の駅 なないろ・ななえ
道の駅 鹿部間歇泉公園

函館から少し足を延ばすだけで雄大な大自然を満喫できます。みなさんも大沼観光を楽しんでください!

所要時間:3時間~4時間

観光マスト度:北海道外の方★★★ 北海道内の方★★★★

星の目安

★★★★★ マストな観光地、これを見ないで帰れない

★★★★  可能なら時間を作ってでも観光したい場所

★★★   時間があれば、観光したい場所

★★    時間に余裕がある人におすすめの場所

★     その地を何度も観光し、定番では満足できない人