十勝・帯広おすすめ観光スポット~馬の資料館と産直市場とかちむら 「人馬一体」で築いてきた帯広の歴史!

北海道遺産として登録されている「ばんえい競馬」サラブレッドより2回りほど大きな馬がそりを引く姿は圧巻ですが、今回は、競馬ではなく、帯広の開拓、農耕の歴史と切っても切れない馬の資料館を特集します。ばんえい競馬場の敷地内に馬の資料館はあります。同じく敷地内にある産直市場「とかちむら」もご紹介します

  1. 馬の資料館インフォメーション?
  2. 馬の資料館 館内の様子
  3. とかちむらとは?

1. 馬の資料館インフォメーション

北海道帯広市西13条南8丁目3

電話番号:0155-34-7307

※1週間前までに連絡すると、館内ガイドもしてくれます。

馬の資料館 外観

営業時間:10:00~16:00

入場料:無料

閉館日:12月初旬~3月初旬の毎週水曜日

2. 馬の資料館 館内図

1階~レプリカ(馬耕、装蹄所)、ビデオ、馬の道具他

資料館入り口
馬の仕事のあれこれ
人馬一体で農耕
農耕・乗馬の道具
蹄鉄を付ける職人さん
蹄鉄に関する資料

2階~馬籍、血統書、室町時代等の巻物、競馬の歴史他

競馬の歴史がわかる

別館~農機具、舗道車等運搬用具、馬車他

農耕器具の展示

3. とかちむらとは?

とかちむらは、2010年8月にオープンした複合観光施設です。

とかちむら外観

世界で唯一の重量馬「ばん馬」が競う「ばんえい競馬場」に隣接しています。

とかちむらに入るのは、無料。

帯広競馬場 世界唯一のばんえい競馬

観客席

とかちむらは、ばんえい競馬がお休みの平日も営業しており、年中無休です。(併設しているばんえい競馬場は、土・日・月営業。入場券が必要です)

とかちむらは、スイーツ、お土産・グッズが揃う「スイーツ&セレクト」、十勝の新鮮野菜などが並ぶ「産直市場」、十勝の味覚が味わえる「キッチン(レストラン)」の主に3つのエリア(建物)で構成されています。

とかちむら「産直市場」の様子

地元のお土産がそろっている

とかちむら「キッチン」 十勝グルメがそろっています!

帯広の歴史を知るうえで、開拓や農耕で活躍した馬の存在は欠かせません。資料館はこじんまりとしていますので、短時間で様々な角度から馬の歴史を知ることができます。「とかちむら」には地元の野菜やお土産がそろっています。お土産探しをするならおすすめの場所です。競馬事態に興味がない方も、買い物をしたり、馬の歴史を知ることができる人気の施設です。


所要時間:1時間~1時間30分

観光マスト度:★

星の目安☟:

★★★★★ マストな観光地、これを見ないで帰れない

★★★★ 可能なら時間を作ってでも観光したい場所

★★★ 時間があれば、観光したい場所

★★ 時間があまった人におすすめの場所

★ その地を何度も観光し、定番では満足できない人