魅惑の大学飯の世界~北海道大学編 道内の大学学食に潜入レポ

北海道には現在、国立大学が7校、公立大学が6校、私立大学が24校、短期大学が15校、合計52校の大学があるそうです。今回は大学内にある学食に可能な限り潜入し、食事や学食内の様子をお伝えします。第一弾はやはりここ、「北海道大学」北海道を代表する大学の学食をレポートします。

1. 北海道大学とは

北海道大学は、北海道札幌市に本部を置く国立大学で、通称は「北大(ほくだい)」。日本初の学士授与機関として設立された札幌農学校が前身となる総合大学です。国立大学の中で最多の数を誇る文理系合わせた12学部19大学院からなる大学です。特に大学院に重点を置いた教育を行っています。 キャンパスは、広大な面積を有す札幌キャンパスと函館キャンパスの2つ。函館キャンパスは水産学部の3、4年次に使用します。大学の総面積は全国最大の広さです。札幌農学校を去る際、クラーク博士が残した有名な言葉「少年よ、大志を抱け」はあまりにも有名です。このクラーク博士の「自由・独立・大志」の精神は、今も力強く学生に受け継がれています。

きれいな銀杏並木

住所:北海道札幌市北区北17条西8丁目

JR札幌駅または地下鉄南北線北18条駅下車、徒歩約10分

TEL (011)706-7484 (学務部入試課直通)

2. 北海道大学の学食

北海道大学は広い敷地内だけあり、いくつかの食堂・カフェがあります。その中でも、メインの食堂「中央食堂」をまずご紹介します。こちらは大学生協が運営しています。

●営業時間 

[平日]
<1F> 10:00~20:00 <2F> 11:00~14:00
[土曜日]
<1F> 10:00~19:00 <2F> 11:00~14:00
[日曜日]
<1F> 11:00~15:00 <2F>休み

※コロナの影響で営業時間が変更になっている可能性があります。

2020年10月末現在の営業時間

基本的には平日ランチタイム11時30分から13時までは観光客は利用禁止とされていますが、混雑していなければ、ドアのところにいるおばちゃんが「空いているのでいいですよ」と入らせてくれます。

●建物の様子

中央食堂の外観

●食堂内の様子

コロナ対策ばっちり
2Fでも飲食できます!

●メニュー

どれもお手頃価格!

おすすめは「牛トロ丼」590円 学生さんたちの要望で復刻したそうです!

どんぶりもごはんのサイズも大中小から選べるので、子ども用にも頼みやすいです。

●オーダーの仕方

トレーを持って進みます
お惣菜は自分でとります
メニュー豊富です!
メインはおばちゃんにオーダー 
レジで精算します
食後は食器返却口へ

3. 実食レポ

今回は、おすすめメニュー「牛トロ丼」590円、「カレーライス」264円、「豚肉ピーマン炒め」198円、「お味噌汁」33円をオーダー。

支払合計で「1085円」いいんでしょうかっていうくらい安いですね。さすが、学生さん相手の商売です。

レシートにトータルのカロリー表示があるのも健康志向の方にはうれしいところです。今回は1321kcalの表示でした。

カロリーから、栄養バランスまで表示されています!

●牛トロ丼

ご飯の量は普通盛りにしました。甘めのたれすでにかかっているので、そのままいただきます。ねぎ、のりがトッピングされています。トロの甘さが引き立ちごはんにからみますね。ネギトロと比べて水分が少ないので、旨さがギュッと詰まっている印象です。さすがは一押しメニュー、おいしいです。ペロッと平らげちゃいますね。

さすが人気NO1メニュー!

おすすめ度 

評価 :4.5/5。

●カレーライス

THE 食堂のカレー

良くも悪くも食堂で食べる一般的なカレー。辛さはありません。とろみがあるまろやかな味。個性はないが、シンプルで飽きがこない味。福神漬けがのっています。ごはんの量は普通盛りなのに、けっこうなボリューム。

おすすめ度

評価 :3.5/5。

●お味噌汁

とにかく安い!

塩分控えめで普通に美味しい。この日は豆腐とわかめの味噌汁でした。33円ですか。素晴らしいコスパ。安いけど、某牛丼チェーンよりおいしい味噌汁です。

おすすめ度

評価 :3.5/5。

●豚肉ピーマン炒め

ピーマン、タケノコがが少し柔らかく炒めてありました。ごはんのおかずにあいますね。味は少し甘めで優しい味です。お肉のジューシーさはあまり感じられず。

おすすめ度

評価 :3/5。

4. 北大敷地内にある他のカフェもご紹介

「北大マルシェ」

お洒落な外観

建物も店内もお洒落な雰囲気です。レストランはテーブル席があり、ゆったりとした空間です。

店内も良い雰囲気
お洒落です

飲食後に精算します。

伝票入れが牛乳瓶!かわいい!

北大で作ったミルクを使用したプリンや、ソフトクリーム、ジェラートアイスが人気だそうです。コーヒーもこだわりの豆を使用しているようです。

プリン売り切れ、残念
北大牛乳ジェラートがオススメ

●バニラソフトクリーム 370円

ジェラードっぽい見た目

ソフトクリームですが、ジェラートのような感じ。見た目は少し水っぽい感じがしますが、けっこう濃厚な味で美味しいです。それでも後味はすっきりしていてしつこくないです。

●有機栽培コーヒー

コーヒーマシーン 

深い味わいです。酸味より、苦みが前面に出ているコーヒーです。若い豆なのか少し尖った感じがしますが、それはそれで美味しいです。

店内にはさまざまなお土産もあります。北大観光のついでにいかがでしょうか?

 

「エルムの森ショップ・カフェ」

オープンしたてのカフェです。店内の雰囲気もスタイリッシュ。中央食堂と比べるとお値段は少ししますが、こちらは本格的な味なので、コスパは悪くないです。予算は1000円前後です。

スタイリッシュな空間
厨房
メニュー 海鮮丼はコスパいいですね!

入って手前側は、インフォメーションや売店があります。

お土産も充実
北大のインフォメーションコーナーもありました

大学飯シリーズ、今回は北海道大学編でした。さすが北大、敷地内には複数の飲食店があります。特に中央食堂は、学生さん御用達!早い、ボリューミー、安いの3拍子!この値段ならいろいろメニューを試したくなります。他にもお洒落なカフェなどもあり、大学内を散策がてら、休憩スポットとしてちょうどいいですね。人気観光地なだけあり、気持ちよく散策できます。特に紅葉時期は最高ですね!また来ようっと・・。