柳月 薄塩羊羹【今日のおやつ】1日1つ北海道の銘菓スイーツをご紹介!

投稿日:2023年3月25日 | 最終更新日:2023年3月25日

北海道はおいしいお菓子、スイーツの宝1つを目標に、北海道の銘菓、スイーツをご紹介し実食レポートしていきます。自分で試してみたいおやつ、お土産としてプレゼントしたいものを見つけてください。

💡今日のおやつご紹介

商品名:ミニ羊羹 薄塩

メーカー:柳月

価格:1個 150円

カロリー:116kcal

消費期限:約120日間ほど

柳月は、昭和22年(1947年)に、音更町(おとふけ)で創業した和菓子・洋菓子のお店です。今では直営店が44店舗あり、北海道を代表するお菓子メーカーです。音更町は日本一の小麦の産地であり、柳月では地元の小麦・てん菜糖・卵を使用しています。もちろん、十勝と言えば高品質で美味しい乳製品や小豆も評価されています。柳月ではそうした素材をフル活用しているそうです。

📷おやつの外観

HPより−「甘さでごまかさない、本物の羊羹ならではの味わい。十勝産小豆の風味を焼き塩が引き立て、さらりと口の中に広がる上品な甘みをお楽しみください。」

柳月の羊羹には、手のひらサイズのミニ羊羹があります。「小豆」・「栗入り」・「薄塩」の3種類があります。今日は「薄塩羊羹」を実食レポします。

商品外観

原材料は、小豆・砂糖・還元水あめ・水あめ・寒天・食塩・他。

箱の裏表記

後ろの「開け口」をひねりながら引っ張ると、ピリピリと包装が切れていきます。

「開け口」から開けます
ピリピリ…

🍴実食レポと評価

つるっとした羊羹ですね。手で持ってぱくぱくっと食べやすいです。

持ち手があって食べやすい

お皿に出してみました〜。中を見てみるときめが細かく美味しそう。いただきます…。ほんのりとした塩味ですが、小豆の旨味を引き立てています。正直に言うと、「薄塩羊羹」だと言われないと塩味はあまり分かりません。

柳月は北海道産の原材料を使っていて、特に砂糖は甜菜糖を使用しているので、地元の方たちにもとても好評です。「ミニ羊羹」はちょっと小腹が空いた時や、お土産にもちょうど良いですね。ごちそうさまでした〜。

お味:

評価 :3/5。

コスパ:

評価 :3.5/5。

見た目(映え度):

評価 :3/5。

お土産オススメ度:

評価 :3/5。