北海道のB級グルメ~「ホンコンやきそば」中華コック長が腕を振るうジャンキーな一品!

北海道の人なら多くの人がご存知の「ホンコンやきそば」目立つ場所にはありませんが、スーパーの棚の上のほうに並んでいるのを見たことがあるはず。S&Bが製造しているので全国で売っていると思いきや、宮城県、大分県の一部、そして北海道で発売されているだけなんです。今回は北海道が誇るB級グルメ、いまだ根強い人気の魅惑の!?「ホンコンやきそば」をご紹介します。

💡ホンコンやきそばとは?

レトロ感覚の昔ながらの味わいが楽しめる焼きそばです。味付け油揚めんですので料理に手間がかかりません。味はもちろんエスビーならではの味、ウスターソースに豚肉、煮干し削りぶし、昆布エキスを使用し、さらに香辛料をミックスさせ熟成させたものです。別添にかやく(ごま・青のり)がつき、おいしさが倍加します。めんのこしが違います。

S&Bホームページより

📓ホンコンやきそばプロフィール

1964年から全国で販売されたものの、根強いファンが多かった北海道などの、特定のエリアだけ残ったそうです。

内容量85g
希望小売価格95円(税別)
エネルギー401kcal
賞味期間(開封前)6ヶ月
ホンコンやきそばプロフィール

ホンコンやきそばパッケージ

この、なんとも言えない独特のパッケージ。たまりませんね。

S&Bの中華コック長が、腕を振るいます。手にしているフライパンの、のぞき穴からは麺が顔を出しています(笑)まさに調理中なんです!!芸が細かい!

🍴ホンコンやきそば調理の仕方

調理の仕方と言ってもごめんなさい・・・。

「熱湯で炒めるだけ」!?

袋の中には麺とふりかけしか入っていません。フライパンで200CCの熱湯を沸かし、麺を入れたら水分がなくなるまで炒めるだけ。結構、人の好みによって水を調整、つゆだくなのがお好みな人も多いです。道産子はそれぞれこだわりの作り方があります。あらかじめ揚げ麺の表面にソースの味がつけられていますので、完成しても、青のりをかけるだけというシンプル調理。

実食レポ

なんとも、素朴かつ、不健康そうな味(笑)一般の人が思い描くやきそばのイメージとは全く違います。でも、なぜか病みつきになる味なんです。S&Bが製造しているだけあり、ちょっとスパイシーです。ちなみに、普通の焼きそばに近づけようとしてトッピングなんてしないでください。邪道です。ゴマ入りの青のりだけかけてください。とにかく、そのままがいいんです。ちなみに「ホンコン」っぽさはまるで感じません(笑)

最後に

北海道が誇る人気B級グルメ「ホンコンやきそば」北海道に来た際にはお土産として買っていってもおもしろいかもです。同じく道民のソウルフード「やきそば弁当」もお土産としていいのですが、ホンコンやきそばのほうがコンパクトですからね。よりお土産向きと言えるかもしれません。インターネットでも購入できるようですので、気になる方はお取り寄せしてみてください。

美味しさ: 

評価 :3.5/5。

コスパ:

評価 :4.5/5。

おすすめ度:

評価 :4/5。