【2022年6月】北広島 北海道ボールパーク 工事進捗情報・最新ニュースをお届け!

2023年開業予定の北海道ボールパーク。球場名は「エスコン フィールド北海道」に決まっています。北海道北広島では着々と、工事が進んでいます。工事の進捗を可能な限り毎週アップしていきますので、皆さんと完成までのわくわくを共有できたらと思います。

2022年6月3週目進捗状況

完成予想図 ①②③の場所から写真を撮ります

📷①側 からの様子

📷②側 からの様子

📷③側 からの様子

完成予想図

ボールパークニュース

HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGE
ES CON FIELD HOKKAIDOと水辺エリアの結節点となる「THE LODGE」開業のお知らせ

株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテイメントは、2023年に開業する北海道ボールパークFビレッジ(所在地:北海道北広島市、以下「Fビレッジ」)の中核施設として、ES CON FIELD HOKKAIDO(以下、「エスコンフィールド」)の南側に、北海道ならではの魅力を体験・発見できる情報発信基地となる商空間を創り、「THE LODGE(ザ・ロッジ)」と命名することが決まりましたので、お知らせいたします。

THE LODGE イメージ01

施設概要

名称:THE LODGE(ザ・ロッジ)

構造:木造、2階建て

テナント:近隣地域の特産品を販売するアンテナショップや、北海道の自然を楽しむアウトドア専門テナントなど6店舗を予定

コンセプト

エスコンフィールドと水辺エリアをつなぐFビレッジの中心に位置する「THE LODGE」は、 様々なアクティビティを通じて北海道の豊かな自然を楽しむことができ、新たな出会いや発見が生まれる、Fビレッジの情報発信基地となります。近隣地域の魅力を発見できるアンテナショップのほか、アウトドアアクティビティやワークショップを体験できるテナントなどが入居し、エリア内はもちろん、周辺地域へも周遊、観光に訪れることができる観光のハブ機能も担います。“あらゆる人が、人間らしく、明日への活力を充足できる空間”として、Fビレッジを訪れる方々が「THE LODGE」に集い、思い思いの時間を過ごすことでコミュニティが生まれ、Fビレッジ全体に賑わいをもたらす、魅力ある場所を実現します。

建物全体に北海道産の素材(北海道産カラマツ、道南杉、江別のれんが)を使用し、雄大な山脈を意識した緩やかな切妻型屋根、北海道らしい赤レンガと道南杉をメインにした外観で、エスコンフィールドとも調和するデザインを採用。北海道の自然に溶け込む温かみのある建物として、自然の変化を楽しむことができ、時と共に育っていく空間を創ります。

スタジアム建設状況【2022年5月末時点】

スタジアム全体の出来高は、5月末時点で約81パーセントとなっています。
可動屋根の設置が概ね完了し、6月9日にスライドして屋根は現在全閉となりました。屋根の外装や防水工事を行うために、8月中旬頃までは全閉の状態となる予定です。
屋根の設置が完了したことに伴い、北側鉄骨ヤードの解体が進められています。
フィールド部分では、基盤整地が始まりました。
スタンド部分では、スターレベルの座席の設置が完了し、今後は下の階層での設置が進められます。

2022年5月末時点のスタジアム整備の様子の写真1
2022年5月末時点のスタジアム整備の様子の写真2

アーカイブ

北海道ボールパーク情報2022年5月の記事は下記を参照

北海道ボールパーク情報2022年4月の記事は下記を参照

北海道ボールパーク情報2022年3月の記事は下記を参照

北海道ボールパーク情報2022年2月の記事は下記を参照

北海道ボールパーク情報2022年1月の記事は下記を参照

北海道ボールパーク情報2021年12月の記事は下記を参照

北海道ボールパーク情報2021年11月の記事は下記を参照

北海道ボールパーク情報2021年8月~10月の記事は下記を参照

北海道ボールパーク情報2021年5月~7月の記事は下記を参照

北海道ボールパーク情報 過去の記事はこちらから