ろまん亭 藻岩の四季 白いモンブランパフ【今日のおやつ】1日1つ北海道の銘菓・スイーツをご紹介!

北海道はおいしいお菓子、スイーツの宝庫。1日1つを目標に、北海道の銘菓、スイーツをご紹介し実食レポートしていきます。自分で試してみたいおやつ、お土産としてプレゼントしたいものを見つけてください。

💡今日のおやつご紹介

商品名:藻岩の四季 白いモンブランパフ

メーカー:ろまん亭

価格:1袋 160円

カロリー:1袋 180kcal

賞味期限:約2カ月

📷おやつの外観

札幌市南区澄川に1988年に誕生した洋菓子店「ろまん亭」。オープン当初からコンセプトにしているのは「地域を支えるお菓子屋でありたい」こと。札幌には8つの店舗があり、帯広には姉妹店の「ろまん亭」もあります。

藻岩山をモチーフにした「藻岩の四季」。今日は、チョコモンブランを実食レポします。このお菓子のネーミングも、お客さまの声から生まれたそうです。地域に根ざしたお店の姿勢が見られます。

原材料は、卵・砂糖・小麦粉・マーガリン・バター・マスカルポーネチーズ・コーヒー・他。

プラスチック容器に収まっています。藻岩山をイメージしたような、ドーム型のケーキです。ティラミス味ということで、表面は白くて、上にはココアパウダーがかかっています。中はどのようになっているのか楽しみです。

🍴実食レポと評価

半分にカットしてみると、ティラミスのようにみずみずしいスポンジと、下のほうにはコーヒーのソースがありました。ではいただいてみましょう…。食感はティラミスとは違いますが、甘さがしっかりとまとまっていて「チョコモンブラン」よりも甘みをダイレクトに感じました。

入っているコーヒーが香ばしくて良いアクセントになっていますね。とても上品で美味しいケーキです。コーヒーはもちろん、紅茶やルイボスティーも合いそうです。

パッケージも高級感があってモダンなデザイン。「藻岩」という札幌の観光名所の名前についたお菓子なので、札幌のお土産としては重宝しそうです。ごちそうさまでした〜。

「藻岩の四季 チョコモンブランパフ」の実食レポも下部より是非ご覧ください。

お味:

評価 :4/5。

コスパ:

評価 :3.5/5。

見た目(映え度):

評価 :3.5/5。

お土産おすすめ度:

評価 :4/5。