札幌 麵屋雪風 札幌味噌ラーメン【札幌おすすめグルメ】すすきの発!呑んだ後の〆の一杯!

札幌はグルメの宝庫。札幌に来たらなにを食べようか、食べたいものがありすぎて迷ってしまいますね。そんな中でも、マストグルメは「札幌味噌ラーメン」旅行中に1度は食べたいですよね・・。今回はラーメンの激戦区、札幌の中でも随一の人気を誇るラーメン屋「麵屋雪風」をご紹介します。

💡札幌味噌ラーメンとは?

全国のご当地ラーメンの中でも一番知名度があるのが「札幌ラーメン」でしょう。そして札幌ラーメンと言えば「味噌ラーメン」をイメージします。

実は札幌ラーメンの歴史をたどると味噌ラーメンが昔からあったわけではありません。もともとは正油らーめんと塩ラーメンだったようです。 1954年「味の三平」という店でお客さんの要望に応えて創り出したのが味噌味めんがメニューに載ったそうです。これが味噌ラーメンの歴史の始まり。1960年代になると観光客を中心においしいと話題になり爆発的に売れました。知名度も上がり、味噌ラーメンが定着していったのです。この時に使っていた麺がやや固めで太めの熟成縮れ麺だったために「札幌=太縮れ麺」というイメージも少なくないようです。

ちなみにですが、札幌ラーメンにはコーンやバターが入ってるイメージを持つ人も多いようですが、観光地のラーメン以外には最初からコーンやバターが入っているラーメンはそんなにありません。ただ、コーンやバターは結構ラーメンに合うのでトッピングで用意している店は多いです。個人的にはですが、トッピングしませんね(笑)関東出身の奥様は好きでトッピングしたがります。

ⓘ 麵屋雪風すすきの店 インフォメーション

住所:札幌市中央区南7条西4丁目2-6 LC拾壱番館1F 電話番号:011-512-3022

店舗外観

営業時間:11:30~27:00(スープがなくなり次第終了)【日曜のみ】11:30~24:00

定休日:なし

予約:不可

駐車場:なし

座席:カウンター席、テーブル席

店内の様子

上記すすきの本店のほかにも2店舗(手稲店、清田店)があります。店舗詳細はこちらから

麵屋雪風は2003年創業です。

🍴麵屋雪風 メニュー

麵屋雪風の看板メニューはなんといっても「濃厚味噌らーめん」850円。ラーメンは他に辛味噌ラーメンと、鶏がら汐らーめんのみ。サイドメニューは焼き餃子。

メニュー
卓上味変アイテム

🖋実食レビュー

雪風にきたからには「濃厚味噌らーめん」を食べましょう。食券タイプではなく、口頭で店員にオーダーします。

お店自慢の味噌らーめんが登場しました。きれいな一杯です。スープの色が黄色です。トッピングは、大きなチャーシュー、きくらげ、白髪ねぎ、フライドオニオン、半熟玉子。

濃厚味噌らーめん

スープは3種類の味噌がブレンドされています。道産豚骨、道産鶏、そして煮干し鮪節で風味づけした白湯スープと合わせ、味噌専用香味油で仕上げられているそうです。いろいろな味がきれいにまじりあい、バランスの良い味わいになっています。ギトギト感はありません。「濃厚味噌」と言っていますが、そこまで濃厚さは感じません。残念なのはスープがちょいとぬるいこと。これは大きなマイナス要因。

大きなキクラゲがゴロゴロ入っていて、歯ごたえを楽しむことができます。チャーシューはトロトロ系で美味しいです。

スープ

麺はTHE札幌ラーメンという王道の「西山製麺」中太縮れ麺。小麦が香るおいしい卵麺です。やはり味噌らーめんにこの麺は合います。全体的なラーメンのボリューム感は「普通」という感じです。

最後に

すすきのにお店を構える札幌ラーメンの有名店「麵屋雪風」をご紹介しました。お店の場所、営業時間設定などを見ると、「呑兵衛」を意識したお店ですね(笑)創業者がすでに去り、少々味が劣化したという噂はちらほらききます。たしかにおいしいはおいしいですが、すすきのなら「けやき」の方が個人的にはおすすめです。それでも、今なお高い支持を得ているお店、すすきので呑んだ後は締めの一杯は「雪風」でいかがでしょうか。

美味しさ:

評価 :4/5。

コスパ:

評価 :4/5。

おすすめ度:

評価 :3.5/5。