【北海道 ボールパーク】北広島市からエスコンフィールド北海道の工事進捗情報・最新ニュースをお届け

2022年2月1週目進捗状況

完成予想図 ①②③の場所から写真を撮ります

📷①側 からの様子

📷②側 からの様子

📷③側 からの様子

完成予想図

ボールパークニュース

「Fビレッジ」の一角に農園エリアが設置される。ファイターズスポーツ&エンターテイメントは昨年10月、北海道大、農業機械メーカーのクボタと農業学習施設の設置について連携協定を締結。今春から着工予定で、ボールパーク開業に合わせて運営を開始する。

2階建ての学習施設は延べ床面積2400平方メートル。1階は1650平方メートルでバスケットコート4面ほどの広さ、2階は750平方メートルほどの面積になる予定だ。北海道の基幹産業である農業への関心を、多くの人に広めたいというのが主な狙いで、小学生を主な対象に親子で野菜の収穫体験ができる露地栽培エリアなどが設置される。

計画に携わるクボタKESG推進部の野上哲也氏(40)は小学校高学年の子どもたちをターゲットに挙げ「農業というものを身近に感じてまずは知っていただきたい。大人になった時に農業関連の仕事に従事してもらって日本、世界の農業を支えていく仲間になってほしい」と願っている。

ボールパーク「Fビレッジ」内に設置を予定している農園エリア(クボタ提供)

ボールパーク「Fビレッジ」内に設置を予定している農園エリア(クボタ)

アーカイブ

北海道ボールパーク情報2022年1月の記事は下記を参照

北海道ボールパーク情報2021年12月の記事は下記を参照

北海道ボールパーク情報2021年11月の記事は下記を参照

北海道ボールパーク情報2021年8月~10月の記事は下記を参照

北海道ボールパーク情報2021年5月~7月の記事は下記を参照

北海道ボールパーク情報 過去の記事はこちらから