釧路市 つぶ焼きかど屋 【北海道B級グルメ・ご当地グルメ】絶品つぶ焼きとこだわりの釧路ラーメンを堪能しよう!

北海道は釧路。北海道東部太平洋沿岸最大の街で豊かな自然に恵まれた場所です。そんな釧路にももちろんありますB級グルメ・ご当地グルメ。今回は「釧路ラーメン」と「つぶ焼き」のみを提供する個性的なお店「つぶ焼きかど屋」をご紹介します。地元民はじめ、観光客からも人気の秘密の迫ります!

💡つぶ焼きかど屋とは?

つぶ焼きかど屋の創業は1966年。50年以上同じ場所で営業しのれんを守り続けている老舗店です。店名の通り、繁華街の角にたたずむお店で、のれんにも「釧路名物つぶ焼」の文字が。お酒の締めと言えば、「ラーメン」というイメージですが、こちらのお店はラーメンはもちろん「つぶ焼き」がウリ。釧路市民のお酒の締めは「つぶ焼き」!?釧路独特の食文化を担ってきた人気店です。

「釧路名物」の文字が。

ⓘつぶ焼きかど屋 インフォメーション

住所:釧路市栄町4-1 電話番号:0154-24-4039

店舗外観

営業時間:17:30~01:00 ※つぶがなくなり次第終了

定休日:11月~6月 日曜日、7月~10月 第1・3・5日曜日、12月 不定休

店内の様子:カウンター席、テーブル席

店内の様子

🍴つぶ焼きかど屋 メニュー

メニューは「名物つぶ焼」900円「名代ラーメン」700円のみ(笑)潔すぎます。自信の表れですよね。ビール、お酒、ジュースとドリンクがいくつか。つぶ焼はお土産もできます。

メニュー

🖋実食レビュー

メニューが2つですからね・・・どちらもいただくしかありません(笑)

つぶ焼

店主の手元にはずらっとつぶ焼が並んでいます。

使用しているのは厚岸産の「青つぶ」漁期は7月~10月のため、この間に年間に使用する分を確保し冷蔵保存しているそうです。

調理方法は2日間かけて砂抜き後、下茹でします。毒のあるアブラ(唾液腺)をカット。タレをしみこませながら3回焼き、それを一晩寝かせ、お客さんにだすまえに今一度タレを注入、網で焼いて出来上がりです。

圧巻の量

さぁやってきましたつぶ焼。木の板に5個鎮座した状態で出てきます。美味しそうな匂いです。

5個並んでいます

つぶ焼を置く板は転がらないようにちゃんと丸くくりぬかれています。

細工がいいですね

ティッシュでつぶ焼の巻いている部分をつかみ、こぼさないように注意しながらタレを飲みましょう。貝の旨味とタレの甘みが混ざって極うまです。タレを飲んだら竹串を刺してクリンとひねって引き出せば、つるんと立派なつぶがでてきます。

タレを飲みましょう!おいしすぎます!

貝にあるフタを外していただきましょう。青つぶ・・・身がプリンとしていて弾力があり、コクがあって美味しいです。5個ペロッといけちゃいます。いやぁ、職人の業を感じました。丁寧に焼き上げているだけあって本当に旨いっ!

旨っ!

●名代ラーメン

創業数年後の1970年ころ、常連客から「締めのラーメンがほしい」という要望に応え作り上げたラーメン。とてもシンプルなフォルムです。トッピングは、チャーシュー、メンマ、刻みネギのみ。つぶ焼が食べ終わったあとに出してくれました。

シンプルな見た目

スープが黒い・・なかなかインパクトがあります。でもスープを飲むと、コクはありますが見た目ほど塩っけは感じません。鶏ガラ+魚介ベースです。表面には油の膜があり、アツアツなのが良いですね。

スープ

麺は釧路ラーメンらしい麺。中細麺で少しウェーブがかっています。チャーシューは昔ながらの感じですが、しっかりと旨味がありおいしいチャーシューでした。呑んだ後の締めにふさわしい、あっさりしたラーメン。量も気持ち少ない感じで舌。

釧路ラーメンらしさがでた麺

最後に

さすが釧路が誇る名店「つぶ焼きかど屋」大満足の訪問でした。ビール+つぶ焼+締めのラーメン・・・まるでコースのように完結しています。メニューが厳選されているので、オーダーから出てくるまでもはやいですし、お客の回転も良いですね。メニューだけ見るとかなり尖ったお店ですが、昔ながらの優しい雰囲気の漂うお店です。しかしまぁ、つぶ焼美味しかった。釧路行ったら、ぜひ訪れてほしいお店ですね。

美味しさ:

評価 :4.5/5。

コスパ:

評価 :4/5。

おすすめ度:

評価 :4.5/5。