北海道のB級グルメ~帯広の名店「ジンギスカン白樺」で食べる道民のソウルフード 実食レポ

北海道のB級グルメ筆頭格、道産子のソウルフードと言えばジンギスカン。他の肉にはない独特の味わいと風味が特徴です。今回は帯広にあるジンギスカンの人気店、創業昭和1957年「ジンギスカン白樺」に潜入レポしました。

ジンギスカン白樺 インフォメーション

住所: 帯広市清川町西2-126

電話番号: 0155-60-2058 

営業時間:11:00〜14:00ラストオーダー(材料がなくなり次第終了)

定休日: 毎週月曜日(祝日の場合は火曜日)

駐車場: あり

店内は清潔感があり、広々

メニュー

メニューはシンプル

メニューがとてもシンプルで好感が持てます。メニューがたくさんない分ジンギスカンには自信があるという印象を受けますね。価格もリーズナブルなのでリピしたくなりますね。主役のマトンジンギスカン・・510円、ラムジンギスカン・・760円。非常に安いです!

ジンギスカンの食べ方

ジンギスカン鍋
  • フライパン(鍋)をふんだんに熱します。
  • 野菜をフライパン(鍋)のふちにのせます。
  • いっきにお肉をフライパン(鍋)にのせます。
  • 煮込みではなくこんがりと焼き上がります。
  • お肉は味付なので、そのままいただきます!

 

実食レポート

十勝・帯広には人気のジンギスカンのお店が多いですが、帯広で随一の人気を誇るジンギスカン白樺さんの実食レポです。

帯広郊外にお店はあり、駐車場完備です。ランチタイムしか営業していないにも関わらず、ファンの多いお店ですね。郊外型なので店舗は広く、テーブル席、お座敷席共に間隔にゆとりがあります。

メニューはシンプルです。せっかくですのでマトン、ラムのジンギスカンを両方ともオーダー。ごはん、お味噌汁、キムチも付けました。

待っている間に鉄鍋はアツアツです。ジンギスカン独特のこの鍋の形がいいですね。1人前は比較的少な目で女性でも大丈夫です。男性なら2人前頼んでもいいかもです。

マトン、ラム 1人前ずつ 真ん中に玉ねぎが

お肉は食べやすい大きさと、肉の食感が良く感じられる絶妙な厚みにカットされています。赤身と脂身のバランス良くとてもジューシーです。

お店では、柔らかなロース肉、豊かな風味のバラ肉、食感の良いモモ肉の良質な部位だけを選び独自にブレンドしているんだとか。

おいしいに決まっています!

秘伝のたれは、青森産ふじりんご、北見産玉ねぎ、オレンジ、香味料。飽きの来ない優しい味で、肉の良さを引き立てていました。

夫婦で、マトン、ラムを1人前ずつオーダーしましたが、ペロッといっちゃいました。本当に柔らかくて、食べやすいです。どちらかを2人前にしたほうが良かったかも。ちなみにライスはイナキビご飯、ジンギスカンとの相性がよいご飯です!

匂いもいいですよね!

帯広市郊外、人気の観光スポット紫竹ガーデンからも近いので、見学ついでにお昼はじんぎすかん白樺で・・という流れが良いかもです。お店に、個人的にお願いしたいのは、野菜の盛り合わせが欲しい!ということです。せっかく十勝は野菜王国なので、肉の付け合わせが「玉ねぎのみ」はちょいと悲しい。ぜひ、ご検討をお願いしたいですね。

最後に・・味よし、コスパ良しのお店です。運転が無ければ、ビール飲みたかった!間違いなく相性抜群です!ちなみに服や顔にジンギスカンの匂いはがっつりつきますので、覚悟は必要です(笑)おしゃれして行くと痛い目合います(笑)

美味しさ:

評価 :4/5。

コスパ:

評価 :4.5/5。

おすすめ度:

評価 :4/5。