北海道のB級グルメ ~「豚丼のぱんちょう」 帯広豚丼界のアイコン!王者の強みとは!?実食レポ

十勝・帯広グルメと言えば、まず筆頭は豚丼です。今や北海道を代表するB級グルメ・ご当地グルメという存在です。帯広市内でもかなりの豚丼屋さんがあるそうです(市内だけでも200店舗程だとか)が、その中でも、豚丼発祥店であり、今なお王者として君臨しているのが「元祖豚丼のぱんちょう」。今回は豚丼界の王者を実食レポします。

豚丼のぱんちょう外観(仮店舗移転前)

💡豚丼のぱんちょうの歴史

昭和8年創業の「元祖豚丼のぱんちょう」。豚丼の専門店として全国的に名高い老舗です。豚丼は初代社長が考案した物です。

吟味して選んだ極上の豚ロースを炭火でじっくり焼きあげ、ほんのりと香る炭の匂い、秘伝のタレの深いコクが豚丼のぱんちょうの特徴です

表彰されています
熱い思いが伝わってきます

豚丼ぱんちょう インフォメーション

改築工事のため現在は仮店舗での営業です。ご注意ください!

住所(仮店舗):帯広市東1条南5丁目13

元々「開拓社」というお蕎麦屋さんが入っていた店舗です。

仮店舗の向かい側に10台ほどパーキングがあります!元の店舗は駐車場がなかったので、駐車場があるのはメリットです!

営業時間:11時~19時(水曜定休)

電話番号:0155-22-1974

店内(元の店舗) コロナ対策もされています

🍴メニュー

豚丼 松930円 豚丼 竹1030円 豚丼 梅1130円 豚丼 華1330円

女将の名前にちなみ、松、竹、梅、華へとグレードが上がります。テイクアウトも可能です。

※ごはんの量は変わらず、肉の量がアップします。

わかめ椀180円 なめこ椀200円 ビール550円

メニューが豚丼だけ(みそ汁除くと)というのが潔くて好きですね。こだわりを感じますし、回転数がいいので助かります。

🖋実食レポート

まず、着丼すると、どんぶりからお肉がはみ出して「こんにちは」しているのが素晴らしいです。期待が膨らみます。

お肉がはみ出しています

そして、開けると炭火で焼かれた香ばしいお肉の匂いも立ち上がり、視覚にも嗅覚にも訴えかけてきます。絶対美味しい奴ですね(笑)ちなみに今回は「竹」お肉は5枚でした。

香ばしい匂いがたまりません!

余計な脂が落ちていて、しかも、豚の質が良いというのが伝わってきます。タレの味付け、量も絶妙で、豚ロースを引き立たせる役目を見事に演じています。グリンピースもアクセント、彩りとしてよいですね。

大抵は豚肉なので2,3枚食べると、時間の経過でお肉が硬くなってしまうのですが、最後までお肉がやわらかかったです。とにかくギトギトしていないので女性にもおすすめです。

良質のお肉です
しつこくない脂です

とりあえず、「豚丼」とは何たるものかというのを理解する点で、ぱんちょうは必ず行くべきお店です。ここを基準に、さらに自分好みの豚丼の旅に出ることをおすすめします。ちなみに、ちと、他より少しお値段高めですがわたしが食べた豚丼で味はここが一番ですね。

他の豚丼の名店実食レポはこちらから

●「豚丼のぶたはげ」はこちら

●「ぶた丼のとん田」はこちら

帯広市内屈指の人気3店舗「ぱんちょう」「ぶたはげ」「とん田」の比較です。

 

1位 ぱんちょう 肉そのものの質、肉の香ばしさが素晴らしい

2位 とん田 十分美味しいが香ばしさを考えるとぱんちょうに軍配

立地 

1位 ぶたはげ 帯広駅内にあるのですぐに食べられるのがいいですね

2位 ぱんちょう 駅からでてすぐの好立地

コスパ

1位 とん田 豚丼のボリュームが多く、味噌汁付き これで790円とは・・。

2位 ぶたはげ・・駅直結で980円は立派。

人気3店舗はそれぞれ違ったストロングポイントがあります。個人的には圧倒的なコスパのとん田はすばらしいお店だと思います。総合力が非常に高い!リピート客が多いでしょうね。みなさんもぜひ、帯広にお越しの際は、北海道を代表するB級グルメ、豚丼を味わってください。自分好みの味を探すのもおもしろいですね。

美味しさ: 

評価 :5/5。

コスパ:

評価 :4/5。

おすすめ度:

評価 :5/5。