今日のおやつ~柳月「とんとろまんじゅう」1日1つ北海道の銘菓スイーツをご紹介!

北海道はおいしいお菓子、スイーツの宝庫。1日1つを目標に、北海道の銘菓、スイーツをご紹介し実食レポートしていきます。自分で試してみたいおやつ、お土産としてプレゼントしたいものを見つけてください。

今日のおやつご紹介

商品名:とんとろまんじゅう

メーカー:柳月

価格:1個 92円

カロリー:1個 125kcal

賞味期限:1~2日ほど

柳月は、昭和22年(1947年)に、音更町(おとふけ)で創業した和菓子・洋菓子のお店です。今では直営店が44店舗あり、北海道を代表するお菓子メーカーです。音更町は日本一の小麦の産地であり、柳月では地元の小麦・てん菜糖・卵を使用しています。もちろん、十勝と言えば高品質で美味しい乳製品や小豆も評価されています。柳月ではそうした素材をフル活用しているそうです。

おやつの外観

Facebookより-「発売して50年以上経つ隠れたロングセラー饅頭。郷土名物として愛されるようにと願いを込め、十勝川温泉小唄の一節「いで湯とんとろ十勝川」から名前をいただきました。香り豊かな黒糖の薄皮生地で、ぎっしりとこし餡を包み、ふっくらと蒸しあげたとんとろまんじゅうは、黒糖のコクと深い味わい、十勝小豆の豊かな味わい、きめ細やかなこし餡の口当たり、さらりとした甘さで長い間、お客様に愛され続けています。」

今日は柳月の歴史を物語る一品、「とんとろまんじゅう」。半世紀以上も食べられている和菓子はそう多くはありません。地味だけど隠れたファンをたくさん持つ実力派の銘菓を実食レポします。

シンプルな見た目

原材料は、てんさい糖・水あめ・黒糖・小豆・山芋加工品・はちみつ・しょうゆ・他。

実食レポと評価

昔ながらのおまんじゅうですね。黒糖色をした薄皮です。大きさもいたって普通のおまじゅうサイズです。

いただきます…。薄皮はふっくらと優しい口当たり。こし餡はぎっしりと詰まっていて食べ応えあります。コクのある甘さでしつこくありません。自然な甘みがさっぱりとしていて美味しいです。あんこや黒糖は意外にも焼酎との相性が良いんだそうです。お酒が好きな方でしたらご一緒にいかがでしょうか?

特別感や派手さはありませんが、シンプルで素朴なおまんじゅうでした。だからこそ飽きられずに長年ファンの心をつかんでいるんですね。日持ちがしないお菓子なので長距離のお土産向きではないかもしれませんが、自宅で楽しんだり、お客様のお茶うけには良さそうです。ごちそうさまでした。

お味:

評価 :3/5。

コスパ:

評価 :3.5/5。

見た目(映え度):

評価 :3/5。

お土産オススメ度:

評価 :3/5。