今日のおやつ~柳月「秋ひろい」1日1つ北海道の銘菓スイーツをご紹介!

北海道はおいしいお菓子、スイーツの宝庫。1日1つを目標に、北海道の銘菓、スイーツをご紹介し実食レポートしていきます。自分で試してみたいおやつ、お土産としてプレゼントしたいものを見つけてください。

今日のおやつご紹介

商品名:秋ひろい 10月限定

メーカー:柳月

価格:1袋 231円

カロリー:1個 119kcal

賞味期限:1~2日ほど

柳月は、昭和22年(1947年)に、音更町(おとふけ)で創業した和菓子・洋菓子のお店です。今では直営店が44店舗あり、北海道を代表するお菓子メーカーです。音更町は日本一の小麦の産地であり、柳月では地元の小麦・てん菜糖・卵を使用しています。もちろん、十勝と言えば高品質で美味しい乳製品や小豆も評価されています。柳月ではそうした素材をフル活用しているそうです。

おやつの外観

Twitterより-「10月限定。さつまいも好きなあなたにおすすめの和菓子です。さつまいものお餅を十勝産こし餡で包んだ一品です。鹿児島県産さつまいも使用。」

今日のおやつに選ばれたのは柳月の季節の創作和菓子、「秋ひろい」。10月限定の秋らしい色合いのお菓子です。パッケージの窓からは中のさつまいもが見えますね。パッと見た感じ栗の和菓子かなと思ってしまいましたが、これはさつま芋です!

原材料は、てんさい糖・水あめ・さつま芋甘露煮・小豆・寒天・ごま・大豆粉・もち米・他。

プラスチックのケースに2個入っています。お餅をあんこで包んでいるので、とても柔らかく形が崩れやすいです。

実食レポと評価

お餅の上にはさつま芋の甘露煮が3つほど載っていて、白ゴマが数粒のっています。鮮やかな黄色とあんこのコントラストがきれいですね。

いただきます…。半分にカットしようと紙皿を取りましたが、なんとも餡子が柔らかいので切るのが大変でした。う~ん、美味しい~!甘さを控えたこし餡はとても滑らかです。さつま芋のお餅は弾力はあまりなく非常に柔らかいお餅になっています。さつま芋の甘露煮の香りが良く、甘さがあるので全体的なバランスを整えてくれていますね。

てん菜糖の優しい甘さがしつこくなくて良いです。2個入りなのでちょっと豪華な感じのお菓子になります。手土産に持って行ったら喜ばれそうです。日持ちは1~2日と短いので長距離のお土産に向きではありません。秋の味覚を美味しく味わえる「秋ひろい」を実食レポしました。ごちそうさまでした。

お味:

評価 :4/5。

コスパ:

評価 :2.5/5。

見た目(映え度):

評価 :4/5。

お土産オススメ度:

評価 :3.5/5。