北海道のB級グルメ・ご当地グルメ~羽幌町「北のにしん屋さん」のえび丼!水揚げ日本一の町で甘えびを堪能!

北海道は道北、日本海側に位置する羽幌町。北海道の離島、天売島、焼尻島に行くなら拠点となる町です。そんな羽幌町は甘えび水揚げ量日本一の町!羽幌に訪れたなら、絶品の甘えびを堪能したいところ。その願いをかなえてくれるのが「北のにしん屋さん」。羽幌町のご当地グルメ、人気の「えび丼」を実食レポです。

ⓘ北のにしん屋さんインフォメーション

北のにしん屋さんは渋谷水産が経営している、国道232号線沿いにある、鮮魚や加工品、そして店内に食堂が併設されている羽幌町で人気のお店です。

住所:苫前郡羽幌町栄町89 電話番号:0164-62-5671

店舗外観

予約:予約不可

営業時間:11:00〜15:00(LO14:30)

定休日:火曜日

座席:カウンター席、テーブル席

駐車場:10台ほど

店舗内
カウンター席
鮮魚・加工品の売店になっています
魅力ある商品がたくさん
甘えび、ウニ、カニ・・盛りだくさん

🍴北のにしん屋さん メニュー

一番人気メニューは「はぼろ丼」海の幸が盛りだくさんな海鮮丼1800円です。ご当地グルメ「えび丼」も1800円です。小さい丼は1000円です。女子にはいいかもです。中丼と、小丼のディスプレイがあるので大きさを比較できるのも親切ですね。他にも「海鮮カレー」1000円も人気メニュー。ちなみに「うに丼」は時価での扱いです。日替わりワンコインランチもあります。

食券制で食堂入り口前にある券売機で購入し、食券を店員さんにわたすと番号札に替えてくれます。空いているときは食堂の店内の席で、混んでいるときは売店内で待ちます。

メニュー
食券制
食堂利用客への案内
丼の大きさの目安

🖋えび丼 実食レビュー

さぁ、やってきました羽幌が誇るグルメ「えび丼」お茶碗は中サイズをチョイス。えび丼と共に、お吸い物、小鉢2品が付きます。

えび丼

丼の上にきれいに甘えびが敷き詰められています。見事です。そして甘えびの上には殻付きのエビが1匹鎮座しております。見た目にも非常に映える一品です。

見事です

まずは真ん中に鎮座しているエビ。身を取り出して、殻をチューチューします(笑)新鮮でとても美味しいです。

殻付きのエビ

そして、甘えび。きれいなピンク色がきらきら輝いています!とてもフレッシュで、甘みがあってめちゃ美味しいです。そして、丼で使用されているご飯も少し炊きあげ方やわらかめですが、うまぁ~。最高の組み合わせ!

甘みが強い!

そして、こちらのお吸い物もエビの出汁がきいています。ウニと、岩のりも入っている、磯の香りが強い一杯。すばらしい!

ちなみに本日の小鉢は、タコ、そしてクジラベーコンが入った小鉢でした。やはりタコもコリコリしていて美味しい。箸休めの名わき役です。

全体の量は「気持ち多め」という感じです。ごちそうさまでした。

最後に

羽幌町が誇る人気店「北のにしん屋さん」をご紹介しました!年々値段は上がってはいますが、それでも新鮮で美味しい「甘えび」を堪能することができました。お吸い物のレベルも高く、総合的に満足度は高いです。はぼろ丼も食べてみたくなりました。売店では新鮮な海鮮も売っているので、お土産や贈答にも喜ばれること間違いなしです。羽幌にお越しの際には第一候補になる食堂だと思います。お試しあれ!

美味しさ:

評価 :4/5。

コスパ:

評価 :4/5。

おすすめ度:

評価 :4/5。