札幌おすすめグルメ~「洋食屋グリルラパン」気軽に入れる、地元の方に長年支持されている街の洋食屋さん!

北海道はグルメの宝庫・・・ジンギスカン、ザンギ、札幌ラーメン、スープカレー、お寿司や海鮮・・・きりがないほどです。でも、普通に洋食も食べたくなりますよね。札幌で良心的なお値段で気張らずに洋食を食べたいなら、おすすめは「洋食屋グリルラパン」地元の方にも支持される素敵なお店です。人気のメニューをいただいてきたので実食レポです。

💡グリルラパンとは

1983年創業の洋食屋さん。店名の「グリル」は食堂「ラパン」とはフランス語でウサギのことなんだそうです。フランスのモンマルトルにあった有名なカフェにちなみ「大勢の人が足しげく通う店でありたい」という願いから初代オーナーが名づけたのだそうです。現在のシェフは2代目。

コンセプト通り、長年札幌の愛される洋食屋さんとして支持され、地域に根付いています。

1983年創業なんですね!

ⓘ洋食屋グリルラパン インフォメーション

住所:札幌市中央区南17条西6丁目4-1 電話番号:011-512-2695

店舗外観
おしゃれなたたずまい

営業時間:ランチ11:00〜 ディナー17:00〜

定休日:毎週火曜・第三月曜

席数:26席

予約:可能

駐車場:あり 8台

📷洋食屋グリルラパン 店内の様子

店内は細長くカウンター席と、テーブル席があります。窓が大きく、明るく爽やか。くつろぎながら食事ができる空間です。

店内の様子
明るい雰囲気です。
ロゴもかわいいですね!

🍴洋食屋グリルラパンのメニュー

11:00~14:30はランチメニューをオーダーできます。メニューはなかなか幅広くそろえています。こちらの一押しは「ビーフシチュー御膳」1380円。そして、ポークカツレツやハンバーグも人気メニューです。

テイクアウトも対応しています。

ランチメニュー
お得なセットメニュー
お得です!
ディナーメニュー 魚料理
ご飯もの、スープ、新メニュー
肉料理
デザート
テイクアウトメニュー

🖋ビーフシチュー御膳・ハンバーグ御膳実食レポ

今回はグリルラパンで人気の2品と「ビーフシチュー御膳」と「ハンバーグ御膳」をオーダーしました。

●ビーフシチュー御膳

お店の看板メニュー「ビーフシチュー」の御膳スタイル。ビーフシチュー、サラダ、お味噌汁、ごはん。和洋折衷なラインナップです。ビーフシチューの良い匂いがただよっています。

ビーフシチュー御膳

主役のビーフシチュー。デミグラスソースのなかにゴロっとしたビーフ。そしてフライドポテト、ニンジン、ブロッコリー。

シチューは深い味わい。お店の開店当初から今日まで30年以上に渡り継足しながら変わらぬ味を守っているのだそう。ビーフはホロホロでスプーンで簡単に切れてしまうほどの柔らかさ。他の野菜たちも見事にシチューとマッチしています。全体のボリューム感は「気持ち多め」充分満足できる味と量です。個人的にはビーフシチューなので、お味噌汁はいるのかな!?とは思いました。

ビーフが柔らかい!

●ハンバーグ御膳

ハンバーグ御膳は、ハンバーグ、ライス、お味噌汁、サラダ、お新香、小鉢が1つのトレーにのっています。こちらも「御膳」なのでご飯が平皿ではなくお茶碗ですし、スープではなくてお味噌汁がつくのが面白いですね。

ハンバーグ御膳

デミグラスソースがたっぷりかかったハンバーグ。

デミグラスソースがたっぷり

提供前にはパティをパンパンと叩く音が厨房から聞こえ入念に空気を抜く作業をされていました。さて、どうでしょう!?

ハンバーグをカットするとじゅわっと肉汁が流れます。お肉はやわらかいです。お肉の味は良い意味でしっかりと肉肉感があり、ソースとの相性も良く、おいしいです。ご飯がすすみます。

こちらもボリューム感は「やや多め」満足度が高いです。

完成度の高い味です!

最後に

札幌の老舗洋食店グリルラパンをご紹介しました。さすがの実力店。コスパが素晴らしいと思います。かしこまった感じはしませんが、程よい品もあり、使い勝手の良いお店です。こういう洋食屋さんが近所にあるとうれしくなります。ビーフシチューも、ハンバーグも美味しかったですが、個人的にはハンバーグに軍配かなと思いました。オムライスも人気のようですから、ぜひチャレンジしたいですね。試す価値のある安定感のあるお店です。

美味しさ:

評価 :4/5。

コスパ:

評価 :4.5/5。

おすすめ度:

評価 :4/5。