札幌おすすめグルメ~「ブランジェリーラ•フォンティヌ•ドゥ•ルルド 」大倉山の麓で美味しいセモリナパンに出会う

💡ブランジェリーラ・フォンティヌ・ドゥ・ルルド とは

グルメ口コミサイト「食べログ」で2017年から連続で「百名店」を受賞している実力は実証済みのパン屋さんです。円山の閑静な高級住宅地をずんずん上がって行った先にあります。見た感じはお洒落な一軒家といった感じです。天然酵母を使ったフレンチスタイルのパンが30種類ほどあります。素材の味を引き出す長時間発酵という工程で作られています。

店舗外観

ⓘブランジェリーラ・フォンティヌ・ドゥ・ルルド インフォメーション

住所:札幌市中央区宮の森4条12丁目10₋1  電話番号:011₋616₋2320

営業時間:平日 10:00~18:00 土・日・祝日 8:30~18:00

定休日:火・水曜日

※感染症拡大により、変更があるかもしれないので事前にご確認ください。

駐車場:1台分 

お店の名前「ルルド」の由来は入り口前の看板に書いてあります。「スペインの国境に近い、ピレネー山脈のふもとにあるフランスの小さな町。「ルルドの泉」は「奇跡を起こす水」と言われ、カトリックの巡礼地として有名」なんだそうです。

📷 ブランジェリーラ・フォンティヌ・ドゥ・ルルド 店内の様子

お店はとてもこじんまりとしています。歩かなくても全てのパンが見えます。でもやっぱり近づいてじっくり見たい。一つ一つ丁寧に作られていて、焼き上がりの見た目もとても美味しそうです。

こじんまりとした店内

壁側には色や形がユニークなパンがたくさん並んでいます。特に「セモリナ粉」というパスタに使う小麦粉を使ったバゲットはイチ押しとのこと。

おしゃれですね!

「ルルド」の人気看板商品がこの「クロワッサン」です。発酵バターを使っていて、中はしっとりしているそう。クロワッサンも食べたいけれど他にも食べたいパンがあって迷います。

ジャム各種

🖋パンの実食レポ

今回は「セモリナかぼちゃ」と「クロワッサン・アマンド」を買いました。

セモリナかぼちゃ:300円

お皿からはみ出る大きさの「セモリナかぼちゃ」です。「セモリナ粉」を使ったパンは、強力粉を使って作るよりも発酵や成形が難しいらしいです。それで主に弾力やコシが出るパスタに使われます。でも、「セモリナ粉」をパンに使うと見た目が白ではなく黄色っぽい焼き上がりになることや、もちっとした食感にもなることから人気があります。

少しあぶって温めました。小麦の香りが部屋に広がりました。美味しそうな香り。中にはかぼちゃの種が入っています。かぼちゃの味はあまりしませんでしたが、かぼちゃの種の食感が良いです。オリーブオイルを少量つけて食べたくなり、まさにパスタを食べているような気がしてきました。表面は香ばしくカリッと、中はもっちりしていて手でちぎるのは難しいです。

まさに食感と香りをゆっくりと味わえるパンです。

カットした断面はこんな感じ

クロワッサン・アマンド:260円

シロップに浸して、アーモンドクリームを挟んだパンです。上にはアーモンドスライスと白いお砂糖がきれいにかかっていますね。

中はしっとりと甘いシロップがしみ込んでいます。表面のクロワッサン生地も甘いクッキーのような食感。個人的には「クロワッサン・アマンド」って好きなパンの種類です。お店ごとに形や味は多少違いますが、今までハズレはありません。ここ「ルルド」の「クロワッサン・アマンド」は、ちょっと大人っぽい感じです。

最後に

宮の森の坂の上にあるお洒落でこじんまりとしたパン屋さん通称「ルルド」。人気のクロワッサンを必ず買いたい場合は予約をした方が良いです。ご近所の方が坂を歩いて来られる姿もありますし、札幌市街からもたくさんのお客さんが来られるファン層が広いお店です。

「ルルド」のパンを見てみると、外国のパン屋さんでよく見るような、ちょっと不思議な幾何学的な模様だったり形が多いように思えます。それがまた「どんなパンで、どんな味がするんだろう」と好奇心をそそります。

美味しさ:

評価 :4/5。

コスパ:

評価 :3.5/5。

おすすめ度:

評価 :4/5。