札幌「さえら」サンドイッチ【札幌おすすめグルメ】昭和レトロ感ただよう老舗喫茶店でいただく極上「たらばがにサンドイッチ」 

今回ご紹介するのは札幌の大通駅地下ある「サンドイッチと珈琲のお店さえら」です。1975年にオープンして以来、札幌市民のみならず、今では海外からもファンが訪れるほどの人気店です。駅構内の地下という行きにくい場所にあるのに、連日お客さんの足が絶えません。人気のメニューはランチ時には売り切れてしまうほどだったそうです。そんな昭和レトロ感ど真ん中の老舗喫茶店の実食レポです。

階段入り口

階段を降りていきます。昔ながらの、喫茶店への入り口という感じでワクワクします。

ⓘさえら インフォメーション

住所:北海道札幌市中央区大通西2丁目5₋1 都心ビル地下3階  電話番号:011₋221₋4220

「さえら」は地下鉄大通駅の19番出口の近くにあります。丸井今井の隣のビルです。婦人衣料品店を覗くと、「さえら」の黄色い看板が見えます。ここがお店への入り口の目印です。

黄色い看板が目印

営業時間:10:00~18:00(L.O17:00) 

※感染症拡大のため営業時間を事前に確認されることをおすすめします。

定休日:水曜日

📷 さえら 店内の様子

昭和レトロな雰囲気の店内、照明は少し暗めムーディーな雰囲気です。思ったよりも中は広く空間があります。よく磨かれた床、濃い色のテーブルやイスが良い雰囲気を出しています。

素敵な店内
レトロ感がでています!

🍴 さえら メニュー

「さえら」のサンドイッチは2種類のサンドイッチがセットになったメニューです。看板メニューは「たらばがにサラダサンド」。メニュー表でも一番先頭に記載されています。お値段もたらばがに級です(笑)。次に人気なのが「フルーツサンド」です。注文後に揚げる「えびカツサンド」や、オーナーが「毎日のように食べている」という「スモークチキンサンド」もおすすめメニューです。

あれもこれも食べてみたくて迷ってしまいます。優柔不断な人は前もってメニューを見て決めておきましょう。そいえば、「さえら」とは「あれもこれも・あっちもこっちも」という意味のフランス語です。どれも食べたくなるようなサンドイッチを目指して・・・そういう意図があるお店の名前なのでしょうか。

こちらは「ベーシックサンドイッチ」のメニュー。食べ慣れたサンドイッチのメニュー、お手頃価格のサンドイッチです。

トースト派には嬉しいメニューも

こちらはドリンクメニューです。サンドイッチとセットメニューにすると、コーヒー(さえらブレンド)・紅茶・ホットミルク・アイスコーヒー・アイスティー・ウーロン茶・アイスミルク・コーラが250円になるのでお得です。

🖋さえら サンドイッチ実食レポ

どのメニューも魅力的ですが今回は「さえらブレンド」・「紅茶」・「たらばがに&えびカツ」・「フルーツ&スモークチキンサラダ」を注文しました。人気メニューのフルコンボです!

さえらブレンド:濃いめの深い味わいです。少し苦みが後味に残りますが、食事の味を邪魔しない美味しいコーヒー。量は普通です。カップとソーサーが素敵でした。

紅茶:特別な香りや味はないですが、さっぱりと飲めます。こちらはごく普通という印象です。

いよいよサンドイッチです。こちらが「たらばがに&えびカツサンド」950円です。ボリューム満点です。パンが倒れずきれいに立っていることがまずすごいです。

おいしそう~♡

こちらが「フルーツ&スモークチキンサラダ」700円です。

全部で4種類のサンドイッチをいただけるなんて贅沢!一つ一つ感想と評価を★で表してみます。(あくまで個人的な感想です)

全部揃いました

えびカツサンド

お腹を空かせて行ったのでがっつり食事系で行きます!カットの面の美しさ。パンは一般的なサンドイッチ用のパンではなく、食パンを使用しているそうです。それで普通のサンドイッチよりもパンがふんわりと柔らかくて厚みがあるんですね。

「えびカツ」は注文してから揚げるため、揚げたてアツアツです。ですから熱いうちにいただきます!パンがふわっ!→衣がサクッ!→えびがプリッ!そしてアッツアッツ!です。あまりの美味しさに衝撃が走ります。とても上手に揚がっています。えびの味もしっかりしているしジューシー。一緒にサンドされているのはキャベツのコールスローでしょうか、えびカツとパンをまろやかに繋いでくれていて、パサパサ感がまったくしません。具材をサンドしてから、最後にパンの耳を切り落とすそうで、なるほどそれでパンのフチが乾いておらずしっとりしているんですね。お見事!!至高の逸品!評価は満点です!

評価:

評価 :5/5。

たらばがにサンド

厚い身がけっこうたくさん入っています。カニの足の形がそのまま・・・。身が大きいのでカニの味がちゃんとしています。随時、身をほぐしているそうですのでジューシーさがそのままです。レタスもシャキッとしていてこれもまた美味しいです。キャベツの千切りと玉ねぎをマヨネーズベースのドレッシングで和えてあるようです。でも「えびカツ」が衝撃過ぎて、少しインパクトに欠けるかな~と思いました。だけどパンには薄くカラシ(?)が塗られていて爽やかな辛みが美味しかったです。このひと工夫が美味しさの秘密!?さすがの美味しさです。評価は★4.5です!

評価:

評価 :4.5/5。

スモークチキンサラダサンド

スモークチキン・レタス・きゅうり・みかん・ベーコン(ハムかな?)が同じくらいの大きさに刻まれてよく味付けされています。決して塩味とか単純な味付けではなく、野菜とチキン本来の旨味を引き出しています。そして野菜がシャキシャキでみずみずしいこと!このメニューも正解でした。評価は★4.5と、これまた高得点!

評価:

評価 :4.5/5。

フルーツサンド

甘党の私が実は一番目を光らせていたのはこの「フルーツサンド」です。「フルーツサンド」は今やコンビニやスーパーでも手軽に買えるほど珍しいものではなくなりましたが、「さえら」で長年の人気を誇っているという「フルーツサンド」の実力を試したくて楽しみにしていました。

入っていたフルーツはいちご・キウイフルーツ・桃・りんご・でした。ふわふわの生クリームとふわふわの食パンて合うんですよね~。フルーツはカットの断面が果肉の真ん中くらいになるように丁寧にカットされているなぁという印象。見た目にもフルーツがカラフルに並んで色鮮やかです。

生クリームだけを食べてみましたが、甘さは控えめでフルーツの甘さを主体に計算された絶妙な味になっていました。いちごの程よい酸味も爽やかです。最近はフルーツが主役のスイーツよりのインパクトあるフルーツサンドイッチが多いですが、こちらは上品なサンドイッチという感じまとまり感があります。こちらも★は4.5!

評価:

評価 :4.5/5。

最後に

お店の雰囲気や接客も普通に良い印象です。気取ってもいないですし、ザツでもありません。空いていたので待ち時間もほんの数分でした。店員さんたちが楽しそうに会話をしていたのが聞こえましたが、仲が良い雰囲気で、むしろお客さんをほどよくほっといてくれてよかったです。

サンドイッチに関しては「期待を裏切らない」・「口コミ通りの高パフォーマンス」といった印象です。本当に美味しいです。美しいです。一番人気のタラバガニサンドもおいしいですが、個人的には「エビカツサンド」が衝撃でした。ぜひ、他のメニューも食べてみたいです。味はもちろん、一つ一つ手間をかけて丁寧に作っているので、お店側のサンドイッチ愛が伝わってきます。少し価格が高いので普段使いで行ける感じではありませんが、自分へのプチご褒美にまた行きたいと思わせてくれるお店です。札幌の歴史を長年見届けてきた老舗喫茶店「さえら」みなさんもぜひ足を運んでみてください!ごちそうさまでした!

ちなみに、こちらもサンドイッチの名店「サンドリア」についても実食レポしていますので詳細はこちらから

全体評価:

美味しさ:

評価 :5/5。

コスパ:

評価 :3.5/5。

おすすめ度:

評価 :4.5/5。