「セイコーマート」大好き道産子・自称「セコマニア」が紹介するセコマグルメ HOT CHEF(ホットシェフ)「道産ポテトのフライ」

コンビニと言って思い浮かべるのは「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」・・・でしょうか。ここ北海道に置いてその常識は通用しません。道産子にアンケートしたらその筆頭格は、「セイコーマート」!そんな「セイコーマート」大好きっ子自称「セコマニア」が実食したグルメをご紹介します!

今日のセコマグルメ

商品名:HOTCHEF「道産ポテトのフライ」

価格:150円

カロリー:284kcal

商品の外観

ホットシェフに以前から販売されているフライドポテトとはパッケージが違います。北海道の大地と青空がイラストになっているかわいらしい紙の入れ物です。目を引かれたのでこれに決まり。

ぱかっ。フタを開けるとたくさんフライドポテトが入っています。あえて「道産ポテトの」とありますが洞爺湖から名付けられた「とうや」という品種のじゃがいもが使われています。ちなみに、既存のフライドポテトはアメリカ産のじゃがいもが使われていました。

「とうや」という品種のじゃがいもは、ほくほく感はあまりないようで揚げ物には向いていないと言われています。でもパサパサしているわけでもなく、滑らかさがあり色も黄色く美味しそうなので人気のあるじゃがいもです。

北海道産となっています

実食レポ

一つ一つが小さくて一口サイズです。「とうや」はコロンとまるい可愛らしいじゃがいもです。このサイズですが容器にぎっしり入っています。では食べてみましょう。

確かにほくほく感というよりは、なめらかな感じでしょうか。フライドポテト独特のパサパサ感、のどに詰まる感じはそれほどなく食べられます。ちょうど良いあんばいの塩気がじゃがいもの美味しさを引き立てています。これは本当に美味しいです!

食べ進めていくとけっこうたくさん入っています。ざっと数えて30個~35個ほど入っていたように思います。食べ応えもあってこれで150円は安いです。食事のサイドメニューとしてもおやつにしてもちょうど良いですね。皮つきなので栄養価もばっちりです!

あえて北海道産のじゃがいもを使ってフライドポテトを新たに発売するセイコーマートの北海道愛を感じる一品です。関東のセイコーマート店舗では買えない商品なので、北海道ならではのグルメとも言えます。コスパがとても良いです。おすすめ度は★9つです!

オススメ度★★★★★★★★★/10個中