北海道のB級グルメ~「ガタタンラーメン」道の駅スタープラザ芦別で味わう素朴かつエネルギーがつまった郷土料理 

石炭が日本の高度経済成長を支えていた時代、炭坑の街芦別も人々で賑わっていました。そんな炭坑時代の芦別で熱々で、ボリュームたっぷり、栄養満点・・・お店でも、家庭でも食べられてきたのが「ガタタン」今でもこの地域の名物料理です。北海道のB級グルメシリーズ、今回は「ガタタンラーメン」をご紹介!

💡ガタタンとは?

まず「ガタタン」は漢字では「含多湯」と書きます。中華にその由来はあります。

ガタタンは戦後、旧満州から芦別に引き揚げた「村井 豊後之亮(ぶんごのすけ)」という方が、中華料理店「幸楽」(後の「幸楽」とは別の店)で出したのが始まりとされています。名前は小麦粉を水で練って小さな塊にした中華料理の「ガーダ」がルーツという説があるそうです。

とにかく具材を盛りだくさん入れて、片栗粉でトロっとしたとろみをつけ、仕上げに溶き卵を流し入れます。味はあっさりとした塩味。優しい味なので胃もたれしないのが長所です。

芦別と言えば炭坑の街。栄養満点のガタタンはお店や家庭料理の名物となり、坑内で厳しい仕事を行う労働者の活力源となっていたそうです。炭坑閉山と共に提供する飲食店は減ったものの、市民の郷土の味を守ろうという想いから平成に復活を遂げました。今では芦別と言えばという人気ご当地グルメとして認知されています。

ガタタンはもともとはスープですが、いまではラーメン、チャーハン、焼きそばなどのアレンジ料理も展開されています。

道の駅スタープラザ芦別インフォメーション

住所:芦別市北4条東1丁目1

電話番号:0124-23-1437

営業時間:11時~19時(5~10月)11時~18時(11~4月)

定休日:年末年始(12月31日~1月1日)

駐車場:無料

店内ゆったりとした雰囲気

🍴メニュー

ガタタンはラーメン、梅ガタタンラーメン、ガタタンうどん、ガタタン焼きそば、ガタタンチャーハンを展開 各種950円、大盛は+100円です。

🖋レビュー

今回はガタタンの中から「ガタタンラーメン」をチョイス。入口に券売機があり、食券を店員さんに渡すと、番号札が渡されます。席に案内され、15分ほど待機。店内は広々としています。テーブル間隔が広めなので落ち着いて食事ができます。

さぁ、できたようです。やってきました「ガタタンラーメン」たくさんの具材、とろっとしたスープ・・・これは絶対美味しいやつですね(笑)量も多めかなぁと感じます。食べ応えありそう。

ガタタンラーメン

具材はホタテ、イカ、エビ、豚肉、キクラゲ、山菜、白菜、なると、溶き卵などと具沢山です。栄養満点ですね!ちなみに、他のガタタンメニューも具材は共通のようです。

麺は北海道らしい黄色い縮れ麺です。茹で加減も硬めでちょうどいい感じ。

スープはとろみのある感じの塩系の中華風スープ。とろみがあるので食べ終わるころまでアツアツのままなのもうれしいです。とろみが麺、具材に絡み美味しいです。

けっこう食べ応えありました。ごちそうさまでした。

最後に

芦別に代々伝わるB級グルメ「ガタタン」今回は「ガタタンラーメン」をいただきました。野菜がもりもり食べられて、非常に満足感がありつつ、栄養価が高い一品です。とろっとしたスープが、熱さを保ってくれていて、最後までフーフーしながら食べました。寒い時期には特にぴったりの一品です。ガタタンは焼きそばやうどん、チャーハン、などもあるので違った種類も頼んでみたくなりました。他の店で、食べ比べしても面白いかも。芦別にお越しの際は「ガタタン」いかがでしょうか?

美味しさ:

評価 :4/5。

コスパ:

評価 :3.5/5。

おすすめ度:

評価 :4/5。