今日のおやつ~柳月の「日勝・ 鹿追アートビスキュイ」1日1つ北海道の銘菓スイーツをご紹介!

北海道はおいしいお菓子、スイーツの宝庫。1日1つを目標に、北海道の銘菓、スイーツをご紹介し実食レポートしていきます。自分で試してみたいおやつ、お土産としてプレゼントしたいものを見つけてください。

今日のおやつご紹介

商品名:日勝・鹿追アートビスキュイ

メーカー:柳月

価格:1個 80円

カロリー:1個 56kcal

賞味期限:約90日

柳月は、昭和22年(1947年)に、音更町(おとふけ)で創業した和菓子・洋菓子のお店です。今では直営店が44店舗あり、北海道を代表するお菓子メーカーです。音更町は日本一の小麦の産地であり、柳月では地元の小麦・てん菜糖・卵を使用しています。もちろん、十勝と言えば高品質で美味しい乳製品や小豆も評価されています。柳月ではそうした素材をフル活用しているそうです。

おやつの外観

神田日勝とは、十勝を代表する画家です。2020年は日勝が亡くなってからちょうど50年目になります。日勝が生きた鹿追町と柳月がコラボして、この特別なアートビスキュイが作られました。

ビスキュイは1枚入りです。馬のイラストがシンプルだけどかっこいいです。日勝は一家で東京から北海道に疎開入植しました。家族同然だった「馬」は日勝にとって特別な存在だったそうです。

実食レポと評価

「ビスキュイ」てなに?ビスケットと違うの?

フランス語でいう「ビスキュイ」は、実はビスケットの語源となったものです。スポンジ生地のことを指して使われます。ふんわりとした軽い食感に焼きあがるという特徴を持っています。

では、いただきます・・・

さくっと軽い食感です。アーモンドプードルの風味が効いています。素朴で懐かしいクッキーという感じです。家で手作りするクッキーに似ていて食べやすいです。でも手作りするとちょっと固く焼きあがってしまうのですが、こちらはサクッとしています。

ココアの部分もほろ苦くて美味しいです。神田日勝の生涯で最後の作品が「馬」でした。未完のまま亡くなってしまいましたが、ビスキュイになって私たちのところに届きました。鹿追町には「神田日勝記念美術館」もありますので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

お味:

評価 :3/5。

コスパ:

評価 :3/5。

見た目(映え度):

評価 :3.5/5。

お土産オススメ度:

評価 :3/5。