寿都町 ダイマル大谷会館「ホッケめし」【北海道B級グルメ・ご当地グルメ】ホッケの水揚げ全国1位の町がプレゼンツ!

北海道は日本海側にある漁業の街「寿都町」観光地ではないので、道外の方は聞いたことがない方がほとんどかもしれません。寿都と言えば「ホッケ」そんな名物を使用したグルメが「ホッケめし」今回は寿都町随一の人気店「ダイマル大谷会館」をご紹介します!

💡寿都ホッケめしとは

魚の中でも大きくて身が多いホッケが大好きという人も多いと思います。実はここ寿都町は沿岸定置網漁でホッケの水揚げ量が日本で一番です。日本海で獲れる新鮮な魚介をどのように活かすのか・・地元の人が知恵を出し合いながら生まれたご当地グルメが「寿都ホッケめし」です。2011年より販売開始され、あっという間に人気のグルメになりました。じゃらんプレゼンツの町おこし型グルメです。

「寿都ホッケめし」を名乗るにあたり、明確なルールがあります。14項目あるのだそう。アツアツの鉄板の上にご飯を乗せること・蘭越米をつかうこと・なるべく地元の食材を使うこと・お膳スタイルで提供することなどがあります。注文したあとの待ち時間にじっくり読むと、「ホッケめし」を食べる心を整えることができます。

こちらがB級グルメ「ホッケめし」についての説明です。写真で解説されているのでわかりやすいです。

ℹ️ダイマル大谷会館 インフォメーション

住所:北海道寿都郡寿都町大磯町12番地

電話番号:0136-62-2034

お店外観

営業時間:(昼)11:30~14:00 (夜)17:30~19:00

定休日:不定休 ※感染症拡大につき、事前に確認されることをお勧めします。

駐車場:無料

座席:テーブル席、小上がり、カウンター席、宴会部屋

テーブル席、カウンター席もあります
店内は広々
お酒もそろっています
寿都漁港を臨めます

🍴ダイマル大谷会館 メニュー

和食レストランではありますが、麺類・丼もの・定食物に加えてカレーやドリアなどの洋食も少々あります。

こちらおすすめメニュー

お目当ての「寿都ホッケめし」は1280円(税込)数量限定のようなのでご注意を!

そして大谷会館といえば「鍋焼きうどん」も外せないメニュー。こちらは850円(税込)生卵をトッピングしたいですね!

大谷会館は創業昭和4年の老舗。先代が、冬の日本海で冷え切った漁師に「何か温かいものを……」と、「もっきり酒」を一杯と鉄鍋に入れた熱々の「鍋焼うどん」を振る舞ったのが、「大谷会館」のはじまりだそうです。「寿都ホッケめし」と「鍋焼きうどん」は押さえておきたいグルメですね。

ちなみに・・・これは期間限定メニューとして登場した「寿都ブリめし」。ブリが大漁だったために考案されたメニュー。スタイルは「ホッケめし」と似ていますね。こちらも美味しそうです。ダイマル大谷会館オリジナルのメニューですので、ここにしか味わえないご当地・しかも期間限定メニューです。

🖋実食レポ

今回は新ご当地グルメ「寿都ホッケめし」と人気メニュー「鍋焼きうどん」をオーダーしました!

・寿都ホッケめし

思わず写真を撮りたくなる立派なお膳です。ホッケ・お味噌汁・お刺身・小女児の佃煮・きんぴらごぼう・漬物です。

ホッケは半身を3等分しタレをつけて蒲焼になっています。熱く熱した鉄板に白米が敷かれ、その上にホッケ・錦糸卵・焼ネギ・紅生姜・青じそが乗っています。色どりがきれいですね。地元の旬の食材を使った小鉢類も嬉しいです。

寿都ホッケめし

いただきます・・・ホッケのタレはお店ごとにオリジナルだそうです。蒲焼と言ってもタレ多めではなく薄く塗ってある感じでさっぱりとしています。(付いているタレをお好みでかけます)ホッケの薄皮もそのまま食べますが身と一緒に美味しく食べられます。少し濃いめの甘いタレが山椒のピリッと感とマッチしています。

プリンとしたホッケの身

肉厚のホッケは弾力と柔らかさを兼ね備えています。錦糸卵や紅生姜を少しづつ混ぜながら食べると、いろんな味の変化も楽しめます。

個人的に一押しポイントは、熱々の鉄板にご飯が乗ってくることです。冷めずに温かいまま食べられますし、おこげも美味しいですよね。

全体的に見るとボリューミーですが、ご飯の量はそんなに多くありませんので、普通に完食できるくらいの全体量でした。もうちょっとご飯が多くてもよいかなと感じます。

旬の刺身2品、たくさんの野菜を使った小鉢、お味噌汁、ホッケとごはん、とてもヘルシーで地元感を味わえるグルメだと思います。

・鍋焼きうどん

「大谷会館」のルーツとも言えるこちらもマストグルメです。

鉄の鍋でアッツアツ

木の蓋を開けると湯気がもくもくと立ち上ります。ちくわ・鮭・青菜・お麩・落し卵・しいたけ・ねぎ・油かすが入っています。

これも間違いなくおいしいやつです

薄い味付けでエビやしいたけなどの出汁による優しいつゆです。うどんはコシが強い麵ではなく柔らかめでつるんとのど越し良く食べられる麺でした。こちらも最後まで熱々で体が温まるメニューです。初め、鍋が一つだったので物足りなさを感じましたが、食べてみるとうどんも野菜も卵もいろいろな具が入っているので、お腹いっぱいになりました。おすすめの一品です。

最後に

寿都町が誇るB級グルメ「寿都ホッケめし」、そして大谷会館の看板メニュー「鍋焼きうどん」をご紹介しました。日本海を眺めながら、寿都港で上がった美味しいホッケに舌鼓。「寿都ホッケめし」ですがクオリティーは悪くはないですが・・・正直なところ「じゃらんプレゼンツのレベルだよな」という感じです。提供しているお店は他にも数店舗あるそうですので、寿都に寄られた際にはぜひお試しください。ダイマル大谷会館は店内の雰囲気も良く、人気の理由がわかりました。大箱ですし、さまざまなシーンに活用しやすい名店だと思います。

下記は寿都ホッケめしの評価です👇

美味しさ: 

評価 :4/5。

コスパ:

評価 :3.5/5。

おすすめ度:

評価 :3.5/5。