旭川 梅光軒旭川本店「旭川醤油ラーメン」【旭川おすすめグルメ】旭川ラーメンを代表する一杯!

北海道を代表する食べ物と言えば「ラーメン」札幌の味噌、函館の塩、そして、旭川の醤油が三大ラーメンと言われています。今回は旭川ラーメンを代表するお店「梅光軒旭川本店」をご紹介します。

💡旭川ラーメンとは?

旭川では、多くのラーメン屋さんで醤油味が売れ筋だそうですが、「旭川ラーメン」といえば「醤油」という決まりは特にないようです。

旭川ラーメンの特徴は「ダブルスープ」。魚介の出汁+とんこつ・鶏ガラ・野菜の出汁で醤油のスープで作ります。昔は豚骨スープでしたが臭みを抑えるために魚介系の出汁(煮干し、昆布など)を使うようになりました。

もう一つの大きな特徴は、「ラード」を入れることです。スープの表面にラードが膜のようになります。そうすると、寒い日でもスープが早く冷めてしまうのを防ぐことができます。冬はマイナス20度くらいまで気温が下がる寒い、寒い旭川。昔の人の知恵が、ラーメンをさらに美味しくしたんですね。

ℹ️梅光軒旭川本店 インフォメーション

住所:旭川市2条8丁目 買物公園ピアザビルBF

電話番号:0166-24-4575

ビル地下に店舗はあります

梅光軒は旭川市で昭和44年に創業した老舗ラーメン屋です。

営業時間:
11:00~15:30(L.O.15:00)
17:00~21:00(L.O.20:30)

定休日:月曜日

※感染症拡大により、変更があるかもしれないので事前にご確認ください。

駐車場:なし 近隣にコインパーキング多数あり

座席:28席(カウンター12席、4人掛けテーブル席4)

店内の様子
カウンター席

壁にはサインがぎっしり。多くの有名人も足を運ぶ人気のほどが伺えます。

ちなみに店名は、庶民の食事であるラーメンを松竹梅の「梅」に見立て、その梅に光をあてるという想いが込められているんだそうです。

🍴梅光軒旭川本店 メニュー

定番はやはり醤油ラーメン800円。ハーフサイズがあるのもうれしいですね!塩ラーメンや、味噌ラーメンも展開しています。北海道らしく「バターコーン」ラーメンも各種揃っています。

メニュー①
メニュー②

デラックスなラーメンもあります!

🖋旭川醤油ラーメン 実食レビュー

旭川に来たらやはり醤油ラーメンを試さないわけにはいきません。ちなみに奥様は北海道らしく塩バターコーンをオーダーしました。

●醤油ラーメン

10分くらいで運ばれてきました。おいしそうです。けっこう量は気持ち多めかなと感じます。食べ応えありますね。スープには旭川醤油定番のラードが入っています。そしてWスープ。スープの温度もアッツアツというほどではありますが、まぁまぁ熱くて合格点です!具材は、チャーシュー、メンマ、長ネギです。メンマ太いっす!

醤油ラーメン

スープはコクがあるものの、そこまで角がありません。THE旭川ラーメンという感じで、強烈な個性はないものの、まとまったバランスの良い味です。麺もこれぞ旭川ラーメンという定番の、中細麺。個人的には札幌ラーメンの麺のほうが好きなんですよねぇ・・。やはり量がそれなりにあるので満腹感がありました。

●塩バターコーン

次は塩バターコーン。北海道らしいフォルムです。こちら具材はチャーシュー、メンマ、長ネギにバターとコーン。

塩バターコーン

スープですがこちらも出汁は共通かな。鶏白湯のような味も感じられます。

バターのせいか、コクと少しとろみも感じられとても美味しいですね。コーンの甘みもアクセントになっておいしいです。

麺との絡みもとても良い感じです。そして、こちらもメンマが太い!食べ応え十分です。

最後に

旭川醤油ラーメンは旭川に来たら必ず味わってほしい王道グルメですが、梅光軒本店は旭川ラーメンTHE直球勝負という感じでおいしかったです。旭川ラーメンの名店の中でもオーソドックスな味という印象でした。強烈な個性はないものの、非常にバランスの取れた多くの人が「おいしい」と感じられる一杯だなと思います。さすが人気老舗店!安心安定のお店です!

美味しさ:

評価 :4/5。

コスパ:

評価 :4/5。

おすすめ度:

評価 :4/5。

旭川には「梅光軒」のほかにも「天金」「青葉」「蜂屋」「つるや」などの旭川ラーメンの名店があります。自分好みの旭川ラーメンを探すのも面白いですね。